メゾンブルジョン
プロヴァンスのお茶屋さん

サロン=ド=プロヴァンスの
さなから

3兄弟が営むフレーバーティーのお店《メゾン·ブルジョン》
このお店の物語の始まりは2006年。

フランスの南東部に位置する都市「グルノーブル」の若き起業家であり、
神秘家、そして冒険家の長男【セバスチャン】によって幕を開けます。
始めてインドを訪れた彼はお茶に魅了され、
思い出と興奮、そしてたっぷりのお茶と
スパイスをスーツケースに詰め込み持ち帰りました。

帰国後、快楽主義者·食道楽の弟【ジャン】と共に
伝統的なお茶を果物や花、豊富な色彩を加え様々な香りを混ぜ合わせた
食いしん坊の為の飲み物を作り出しました。
二人はフランス各地のクリスマスマーケットに出店し、
兄弟の冒険は少しずつ形を取り始めていきます。

そこへ果断であり、楽天家の姉【マリー】が参加し
家族の絆を核とし、個性溢れる《メゾン·ブルジョン》の物語が始まったのです。

手作りからまれる
独創的フレーバーティー

各地を旅して集めた木の実や果実、
花やハーブ、そしてお菓子まで美味しい物は全て彼らの材料

茶葉はインド、スリランカ、中国、日本
紅茶から緑茶、ルイボス、白茶と
様々な産地、様々な組みあわせを全てオリジナルレシピで調合します。

お茶に足される材料は香りづけを通り越し大きな素材がゴロゴロ
しかしその配合はびっくりするほど美味しく、
美しく、香り高くバランスが取れています。

そんな彼らのこだわりはお茶だけにとどまらず、パッケージにも。
それぞれのフレーバーティーをイメージした
個性的でキュートなデザインは世代を選ばず喜ぶ贈り物に。

こだわりの詰まった彼らのフレーバーティーは
インターネットから一気に広まり、2016年12月についにパリにも出店。
そして2017年にシャルマン·グルマンの仲間入りをした
彼らのブランドは驚くようなお茶をこれからまだまだ提案してくれるでしょう。

情熱溢れる三兄弟

自分だけお気に入り

メゾン·ブルジョンのフレーバーティーには
《スクレ·デ·ザンジュ》 直訳 天使の秘密
《ポルト·デュ·デゼール》 直訳 砂漠の扉 等
ユニークで可愛いネーミングはもちろん、
フレーバーティーの香りにピッタリな名前が付けられたお茶がたくさんあります。

たくさんの種類の中から
自分だけのお気に入りのフレーバーを見つけてみませんか?

Online Shopping
Charmant Gourmandこだわりの商品を通販でご購入いただけます

メゾン・ブルジョンの商品を見る