COLUMN COLUMN トップへ戻る

バルセロナのレストラン


アマリエ商談後は、近くのレストランに案内してもらいました。

入り口でウェルカムドリンクで、スペインの誇るスパークリングワイン、CAVAのグラスサービス。
うーん、おいしい♡

バルセロナでは日常的に飲まれるCAVA。郷土の名産品として、お菓子にも使われます。
アマリエでもCAVAを使ったガナッシュを作っています。

スミレのお花モチーフのお洒落な缶に入っています。これは、アマリエが以前チョコレートに付けていたカードのデザインを起こしたもの。

ダークチョコレートに合わせたCAVAは、エレガントな大人のためのガナッシュ。
お酒のフレーバーが強いので、お酒好きの方へのプレゼントにもお勧めです。

ウェルカムドリンクのグラス片手に席に案内されると、
レストラン内はワインセラーをイメージした内装とワインのパーツを使用したテーブルセッティングで目を楽しませてくれます。



今回はピカピカコースにしました。
ピカピカとは色々な前菜が少しずつサーブされるということらしいです。
日本語の響きに似て楽しそうなので、それにしました。

しかし量は多かったです..。
カマンベールにトリュフを挟んだもの、揚げ物、フォワグラと半熟卵のサラダ、生ハムなど..
メインやデザートがいらなくなるくらいたっぷり。

そして毎回食べすぎる、大好物なブルスケッタのカタルーニャ風。
このレストランでは作ってサーブしてくれましたが、カジュアルレストランやバールでは、
半分にカットしたトマトとスライストーストが出てきて、トマトのカット面をパンに押し付けて塗りつける。
そして、オリーブオイル、塩胡椒を振りかけるダイナミックな食べ物。

こんな風に。

こんな風に♪
以前食べ方を教わって以来やみつき。私は日本でも時々作って食べています。



やっぱりパエリアを食べなきゃ!
スペインのパエリアはうっすらスープが残るリゾットに近い仕上がり。ピラフのように炊きすぎにならない。
この方が魚介の出汁をより味わえます。

お肉はずっしり。
メインに向けてボリュームたっぷりです。
お腹いっぱい。

ワインの瓶を縦に切ってお皿に。
発想がユニーク。シルバー置きもコルクだったり

レストランの入り口もコルクを木ノ実に見立てたワインツリーのオブジェで飾って
ワインを料理だけじゃなく、装飾にも合わせる楽しいアイデアにあふれたレストランでした。

Cal Blay Vinticinc
http://www.cateringcalblay.com/restaurants_home.php

帰りに、カルマがメリンドロスを買ってくれました。

これも、私の大好物です♪♪
カルマは日本に来る時もいつも買って来てくれます。

これは、ホットチョコラーテにつけて食べるソフトなフィンガービスケットです。
スペインではチュロスやこのメリンドロスをホットチョコラーテに付けながら朝食に食べるのがポピュラーです。

これからの季節に楽しみな飲み物ですね♪
チョコラーテ・ア・ラ・タザ


by Kana