×
CONCEPTBRANDLA SABLESIENNECHOCOLATE AMATLLERLACKERLI HUUSMaison BourgeonHUFFKINSINFOTOPICSBLOG・COLUMN         SHOPPINGCONTACTMypage

HUFFKINS
〈ハフキンス〉

まりはさな石造りのベーカリー
わらないスタイルされるイギリス・コッツウォルズ老舗


ハフキンスは1890年にイギリス コッツウォルズに創業したベーカリー&ティールーム。
ハフキンスの歴史はヴィクトリア時代にまで遡ります。当時、村のパン職人だったティットコム氏が、バーフォードにあるコッツウォルドストーンを用いて小さな石造りの建物でベーカリーを始めました。
毎日、ここから焼き立てのパンがロバや荷馬車で村人たちへ配達され、薪を使用したオーブンから立ち上る焼き立てのパンの香りは、遠く村はずれのウインドラッシュ河にかかる橋まで届いていました。


食材は可能な限りコッツウォルズ内で調達し、小さな工房で小ロット毎に手作りするスタイルは昔から変わることなく今も引き継がれています。
英国伝統のクリームティーやハイティースタンドを用いたアフタヌーンティー他、幅広いメニューを提供するティールームは、毎日ベーカリー工房から焼きたてのスコーンやパン、サンドイッチ、作り立てのフレッシュなケーキなどが届けられ、地元のファミリーや学生に愛されています。
また近年では、噂を聞きつけた観光客がロンドンから1時間以上かかる場所にも関わらず、ハフキンスを目指してやって来ることも多くなり、ますます人気のティールームとなっています。ハフキンスはコッツウォルズに5件ありますが、どこも連日満員です。

“完ぺきなフルーツケーキを焼き上げることは、
アートであり、科学であり、
そして疑いようもなく-愛の産物である。

ハフキンスは今でも伝統的な手作りベーカリーの製法を用い、最高の品質を保つため、一度に焼く量は少量に抑えています。また最高品質のフルーツ、ナッツ、スパイスだけがハフキンスのフルーツケーキの原料として認められています。
フルーツケーキの製造工程は注意深く管理されています。原料を集めて混ぜ合わせたら、生地は18 x 30インチの大きなトレーに移され、様々なフルーツやナッツが手作業で飾られます。
大きなトレーで焼くことで生地に水分が保たれるため、しっとりと焼きあがります。焼きあがったばかりのケーキは、温度管理された特別な熟成室で最低でも4週間、静かに眠ります。味わいが混ざり合い、最適なテクスチャーに達したところで、ようやくケーキはカット室へ運ばれ、トレーから取り出される。
カットされた後に、いちばん美味しい部分だけが最終的にハフキンスのフルーツケーキになります。それぞれ個別に包装され、その各段階では厳格な品質確認が行われる。最終的に完ぺきな個体だけが、美しいハフキンスブランドのパッケージに包まれ、最後の検品へと進むのです。
徹底的に管理されるハフキンスの手作りベーカリーはイギリス国内に留まらず、ヨーロッパ、カナダ、オーストラリアへと販路を広げ続けています。 またハフキンスは、バッキンガム宮殿、ハンプトン・コート宮殿、ロンドン塔といったイギリス王宮からもこよなく愛されています。

Online Shopping
Charmant Gourmandこだわりの商品を通販でご購入いただけます

ハフキンスの商品を見る